【三反園ショック 原発への暗雲】(下)「ドイツを目指すのは古い」【産経ニュース2016年7月14日】

2016/07/14 23:14
伊勢志摩サミット出席のため来日したドイツのメルケル首相。脱原発政策には批判の声も上がる=5月26日(代表撮影)  ■料金上昇「メルケル税」…再生エネ推進の範にならず  「ドイツのように自然再生エネルギーを推進することで、鹿児島を変身させる。川内原発があるからこそ、変身させた姿を世界にアピールできる」  鹿児島県知事選で初当選した三反園訓氏(58)は10日夜、支援者や報道陣を前に高らかに宣言した。  ドイツが脱原発を掲げ、風力や太陽光などの再エネを推進してい..

続きを読む

県内は71万キロワット FIT利用の再生エネ導入容量【大分合同新聞プレミアムオンライン2016年7月14日】

2016/07/14 23:10
 国の再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)を利用し、県内で新たに稼働した発電設備の導入容量(総出力)は、2015年度までで累計70万9865キロワットになった。太陽光発電や地熱発電の拡大で14年度から18万キロワット超増えたが、急増していたペースは設備を接続する送電網の制約などで鈍化。大規模な太陽光発電などの新設は難しくなっており、今後の導入は小規模設備が中心となり、伸びが緩やかになる見込み。  資源エネルギー庁が公表したFITがスタートした12年7月からの..

続きを読む

電力小売り 各社の電源構成は あなたならどこ選ぶ 西日本の20社が回答【毎日新聞2016年6月1日】

2016/06/01 11:54
 電力小売りの全面自由化が4月に始まってから2カ月。大手10電力会社が独占していた一般顧客を獲得しようと、新電力会社が参入して価格やサービス競争が繰り広げられている。一方、環境への影響を考え「どんな電源による電気を売っているのか」を知りたい消費者も多いだろう。そこで毎日新聞は、西日本の家庭に供給した実績・計画がある電力小売事業者に電源構成などを尋ねるアンケートを実施した。  アンケートの対象は、5月6日までに資源エネルギー庁に登録された小売電気事業者の一覧を基に選んだ。..

続きを読む

もっと見る