東日本大震災 東松島「防災エコタウン」完成 /宮城【毎日新聞2016年6月22日】

2016/06/22 14:32
 東日本大震災の津波で被災した東松島市で、災害公営住宅団地に太陽光発電のパネルや自前の送電線を設けてエネルギーの地産地消を目指す「スマート防災エコタウン」が完成し、お披露目の式典があった。  災害時は、外部からの供給が途絶えても最低3日分の電力を自給できるという。付近の病院や公共施設に供給することも可能で、市や建設した積水ハウスによると、自前の送電線で外部に電力を融通する仕組みは全国で初めてという。  式典で阿部秀保市長は「これからも防災、減災に強い町づくりを進め..

続きを読む

栃木市 太陽光パネル、一部設置規制へ条例案 土砂災害警戒区域や史跡など /栃木【毎日新聞2016年6月17日】

2016/06/17 00:00
 栃木市は16日、太陽光発電などの再生可能エネルギー設備の設置について、一部規制する条例を制定する方針を明らかにした。市によると県内初。  条例案では、土砂災害警戒区域や砂防指定地、史跡などを保全地区に指定。太陽光発電などの再生可能エネルギー事業者らが保全地区に設置する場合には、事前に市の許可を必要とした。自然環境や市民の生活環境の保全と、設備の整備について調和を図るという。9月定例市議会に条例案を提出する予定。  市によると、太陽光発電設備が山林や急斜面に設置さ..

続きを読む

もっと見る