太陽光発電 買い取り価格、発電遅れは減額 認定だけの「空押さえ」防止 8月契約以降【毎日新聞2016年6月8日】

2016/06/08 23:35
 再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)を巡り、経済産業省は7日、事業用太陽光発電(発電能力10キロワット以上)の発電業者が同省から認定を受けても3年以上発電を開始しない場合は、買い取り価格を下げたり、買い取り期間を短くしたりする方針を決めた。買い取り価格は年々下落しており、実際に発電しないまま、先に認定だけ受けて割高な買い取り価格を維持しようとする「空押さえ」を防ぎ、公正な競争を促す狙いがある。【岡大介】  同省が7日の有識者会合で見直し案を示し、了承され..

続きを読む

もっと見る