愛知・常滑市汚職 詐欺罪で起訴の市議辞職【毎日新聞2016年8月31日】

2016/08/31 14:25
 太陽光発電施設建設に伴う測量費名目で金をだまし取ったとして詐欺罪で起訴された愛知県常滑市議、斎田大五朗被告(40)=公判中=が30日、辞職願を提出し、相羽助宣議長が許可した。辞職願は25日付。相羽議長は「議会の信頼回復に向けて努力を続けていく」とのコメントを出した。 http://mainichi.jp/articles/20160831/ddq/041/040/009000c http://archive.is/y24wY

続きを読む

談合疑惑でガサ入れの奈良・天理市、調査委は「瑕疵ない」判断、事業継続へ【産経WEST2016年8月】

2016/08/31 14:20
 奈良県天理市が進める大規模太陽光発電(メガソーラー)の事業者選定をめぐり、市役所などが官製談合防止法違反容疑で大阪地検特捜部の家宅捜索を受けた事件で市は30日、選定手続きの経緯などを検討する第2回調査委を開催。並河健市長は、「事業自体を止めなければならない瑕疵(かし)は見られない」とする委員らの見解を示し、今後も事業を継続する方針を明らかにした。  調査委は非公開で行われ、終了後に並河市長が記者会見。委員からは、事業者を選定する「公募型プロポーザル方式」の入札に参加し..

続きを読む

愛知・常滑市汚職 太陽光発電詐欺、元市議ら起訴内容認める 名地裁【毎日新聞2016年8月30日】

2016/08/30 23:16
 愛知県常滑市の太陽光発電施設整備を巡り、整備予定地の所有者2人から測量費名目で現金をだまし取ったとして詐欺罪に問われた元市議、岸田嘉成(よしなり)被告(63)=収賄罪で公判中=と市議、斎田大五朗被告(40)の公判が29日、名古屋地裁(鵜飼祐充裁判長)であった。両被告はいずれも起訴内容を認めた。  起訴状によると、両被告は共謀して2014年7〜9月、土地所有者2人が太陽光発電事業者に土地を売却する際、測量費を負担する必要があるかのように装って支払いを請求し、斎田被告の口..

続きを読む

愛知・常滑市汚職 贈賄側に有罪判決 名地裁【毎日新聞2016年8月18日】

2016/08/18 23:00
 愛知県常滑市の太陽光発電施設整備を巡る贈収賄事件で、贈賄罪に問われた同県半田市の測量会社「マス五」社長、榊原慎介被告(53)に対し、名古屋地裁(寺本真依子裁判官)は18日、懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)の判決を言い渡した。寺本裁判官は判決理由で「2度にわたって犯行に及んだのは軽率で非難を免れない」と述べた。  判決によると、榊原被告は事件当時、常滑市商工観光課企業立地推進室の主事だった元市議の岸田嘉成(よしなり)被告(63)=収賄罪と詐欺罪で起訴=が誘致した..

続きを読む

行政ファイル 天理市検討委が初会合 /奈良【毎日新聞2016年8月13日】

2016/08/13 23:50
 天理市の大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の事業者選定(2013年8月)を巡る不正疑惑を受け、市が設置した「公募型プロポーザル等検討委員会」(5人)の初会合が12日、市役所で非公開で開かれた。記者会見した並河健市長によると、職員のみの審査だった今回の選定の在り方をまず検証することで合意した。  2回目の会合は今月30日開催予定。第三者が審査に必ず加わるなど「公募型プロポーザル」のルール化と、この事業継続が妥当かの判断は来月中に行う。  会議冒頭に検討委の委員長..

続きを読む

愛知・常滑市汚職 元市議、収賄認める 贈賄側に懲役1年求刑 名地裁初公判【毎日新聞2016年6月28日】

2016/06/28 23:10
 愛知県常滑市の太陽光発電施設整備を巡る贈収賄事件で、収賄罪に問われた元市議、岸田嘉成被告(63)と、贈賄罪に問われた同県半田市の測量会社「マス五」社長、榊原慎介被告(53)の初公判が28日、名古屋地裁(寺本真依子裁判官)であり、両被告は起訴内容を認めた。榊原被告について検察側は、懲役1年を求刑し、即日結審した。岸田被告は別の詐欺罪でも起訴されており、地裁は審理を分離した。  起訴状によると、岸田被告は常滑市商工観光課企業立地推進室の主事だった2014年9〜10月、自ら..

続きを読む

もっと見る