筑波山と宝篋山で発電所設置を禁止 つくば市議会、条例案を可決【茨城新聞2016年6月30日】

2016/06/30 23:02
つくば市議会は定例会最終日の29日、同市内の筑波山と宝篋(ほうきょう)山で太陽光と風力発電所の設置を禁じる条例案を全会一致で可決した。条例は即日施行される。 条例によると、設置を禁じるのは、自然公園法の特別地域、土砂災害警戒区域、両地域と接する区域。区域内で無断で施工した事業者に市は、報告や資料の提出を求める。事業の停止や是正を勧告するほか、従わない場合、業者名などを公表する。 筑波山では「水郷筑波国定公園」の内外で太陽光発電所の計画が3件あった。公園内の2カ所は..

続きを読む

栃木市 太陽光パネル、一部設置規制へ条例案 土砂災害警戒区域や史跡など /栃木【毎日新聞2016年6月17日】

2016/06/17 00:00
 栃木市は16日、太陽光発電などの再生可能エネルギー設備の設置について、一部規制する条例を制定する方針を明らかにした。市によると県内初。  条例案では、土砂災害警戒区域や砂防指定地、史跡などを保全地区に指定。太陽光発電などの再生可能エネルギー事業者らが保全地区に設置する場合には、事前に市の許可を必要とした。自然環境や市民の生活環境の保全と、設備の整備について調和を図るという。9月定例市議会に条例案を提出する予定。  市によると、太陽光発電設備が山林や急斜面に設置さ..

続きを読む

太陽光発電設置適正化へ 県内初、笠間市が条例施行【茨城新聞2016年6月16日】

2016/06/16 23:00
笠間市議会は定例会最終日の15日、「太陽光発電設備設置事業と住環境との調和に関する条例」を全会一致で可決、条例は即日施行された。設置事業者に着工前の地元への説明や市との協議などを義務付ける内容で、県内初となる。同設備の建設計画が多数あることを踏まえ、市が事業者と住民との間のあつれき回避などを図るため提案した。 条例は事業区域が1ヘクタールを超える規模の開発に対し適用。事業者は着工前に計画を市長へ届け出た上で、災害防止などの安全対策、太陽光パネルの撤去など発電事業終了..

続きを読む

筑波山 太陽光発電、禁止に つくば市が条例提案へ /茨城【毎日新聞2016年6月4日】

2016/06/04 11:53
 つくば市は、筑波山での太陽光など再生可能エネルギー発電設備の設置を禁止する条例を13日開会の6月議会に提案する。筑波山では昨年、設置計画が明らかになり、住民の反対運動が起き、議会は反対決議を行った。市も、景観保全や土砂災害防止のために規制が必要と判断した。  条例案は、筑波山と、それに連なる宝篋(ほうきょう)山について、国定公園区域、土砂災害警戒区域など山すそまでのほぼ全域計約2500ヘクタールを事業禁止区域とし、再生可能エネルギー発電設備の設置を禁じている。違反した..

続きを読む

もっと見る