太陽光パネル 産廃減らせ【読売新聞2016年4月25日】

2016/04/25 00:00
2040年、77万トン廃棄 リサイクル推進へ  電気の固定価格買い取り制度(FIT)※が導入されて以降、急速に普及した太陽光パネルが25年後には寿命を迎え、東京タワー200個分にあたる約80万トンが廃棄に回ると推計されていることから、環境省は太陽光パネルの処理方法の手引を公表した。  同省は今後、企業の協力を得ながら、再利用(リユース)やリサイクルの仕組み作りを進める。 処理法の確立を  太陽光パネルを機械に入れると、約10分で厚さ約3ミリの透明なガラ..

続きを読む

もっと見る