新潟)雪国型の太陽光発電、妙高でスタート【朝日新聞デジタル2016年9月6日】

2016/09/06 16:43
操業を始めた雪国型の太陽光発電施設=妙高市猪野山、妙高市提供  日照時間が少ない雪国でも対応できる太陽光発電施設が、妙高市猪野山に完成した。市内初のメガソーラー発電施設で、1日から操業を始めた。市は4年前から太陽光発電施設の誘致を進めてきたものの、雪対策が難しく、3社が進出を見送っていた。  事業者は、太陽光発電システムの企画開発などを手がける株式会社「エールケンフォー」(東京都港区、中村健治社長)。  20年契約で賃借する市有地約1万7千平方メートルに、縦..

続きを読む

【神奈川】電力地産地消へ3モデル 太陽光など県が事業採択【東京新聞2016年9月4日】

2016/09/04 23:04
県企業庁が設置しているメガソーラー愛川太陽光発電所。県は電力の地産地消を目指している=愛川町で(県提供)  各地で原発再稼働の動きが進む中、県は八月、電力の「地産地消」を目指す三つのモデル事業を採択した。今年四月から一般家庭への電力小売りが自由化され、消費者が契約先を選べるようになったことを受け、「県内産」の電力を広げる狙い。当面の規模はわずかだが、担当課は「取り組みを後押しできれば」としている。 (原昌志)  モデル事業は、太陽光発電や小水力発電など県内の再生可能エ..

続きを読む

排水同意書が未提出 - 県会建設委で県/平群メガソーラー【奈良新聞2016年9月2日】

2016/09/02 23:00
 平群町福貴の山林に計画される大規模太陽光発電所(メガソーラーパネル)の建設に地元住民らが反対している問題で、県が地元水利組合などと交わす許可申請に必要な「排水放流同意書」が未提出であることが1日、新たに分かった。同日開かれた県議会の建設委員会(乾浩之委員長)の答弁で、県が明らかにした。  平群町の関係者によると、計画地の山林は平成10年、第2期宅地開発地として宅地造成された土地。宅地造成の許可申請だけでソーラーパネルの開発行為が可能となるが、地元水利組合や同町などと交..

続きを読む

河北潟に太陽光発電所完成 津幡で式典、干拓地にパネル7900枚【北國新聞2016年9月1日】

2016/09/01 23:00
完成した太陽光発電所=内灘町湖西  河北潟太陽光発電所(愛称・メガソーラーひまわり)の完工式は31日、津幡町川尻の井上コミュニティプラザで行われ、関係者約60人が完成を祝った。発電所の売電収入は干拓地の揚水機場の維持管理費に充てられ、農家の負担が軽減される。 http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20160901104.htm 石川 河北潟で太陽光発電 発電を始めた河北潟干拓土地改良区のメガソーラー=内灘町湖西で 土改区 売電収..

続きを読む

愛知・常滑市汚職 詐欺罪で起訴の市議辞職【毎日新聞2016年8月31日】

2016/08/31 14:25
 太陽光発電施設建設に伴う測量費名目で金をだまし取ったとして詐欺罪で起訴された愛知県常滑市議、斎田大五朗被告(40)=公判中=が30日、辞職願を提出し、相羽助宣議長が許可した。辞職願は25日付。相羽議長は「議会の信頼回復に向けて努力を続けていく」とのコメントを出した。 http://mainichi.jp/articles/20160831/ddq/041/040/009000c http://archive.is/y24wY

続きを読む

談合疑惑でガサ入れの奈良・天理市、調査委は「瑕疵ない」判断、事業継続へ【産経WEST2016年8月】

2016/08/31 14:20
 奈良県天理市が進める大規模太陽光発電(メガソーラー)の事業者選定をめぐり、市役所などが官製談合防止法違反容疑で大阪地検特捜部の家宅捜索を受けた事件で市は30日、選定手続きの経緯などを検討する第2回調査委を開催。並河健市長は、「事業自体を止めなければならない瑕疵(かし)は見られない」とする委員らの見解を示し、今後も事業を継続する方針を明らかにした。  調査委は非公開で行われ、終了後に並河市長が記者会見。委員からは、事業者を選定する「公募型プロポーザル方式」の入札に参加し..

続きを読む

もっと見る