南米チリで最大、伊Enel社が160MWのメガソーラーを稼働【日経テクノロジーオンライン2016年6月1日】

2016/06/01 23:12
 イタリアの大手エネルギー事業者であるEnel社は5月27日、チリで最大のメガソーラー(大規模太陽光発電所)「Finis Terrae」が完成、系統への連系が完了したと発表した。同社の現地子会社であるEnel Green Power Chile(EGPC)社が建設した。  同メガソーラーは、首都サンティアゴの北に約1300kmのアントファガスタ(Antofagasta)州にあるマリアエレーナ(María Elena)にある。出力160MWで、年間に400GWhの発電量を..

続きを読む

もっと見る