鹿児島)再生エネに県内初のガイドライン【朝日新聞デジタル2016年6月2日】

2016/06/02 14:04
 大規模な太陽光発電施設(メガソーラー)などが自然景観や生活環境へ悪影響を与えるのを防ごうと、霧島市は県内で初めて「再生可能エネルギー発電設備の設置に関するガイドライン」を作り、1日から運用を始めた。法令上の規制がない場合でも順守事項を規定し、開発事業者の自主的な取り組みを促す。  再生可能エネルギー施設が各地に設置されるなか、ガイドラインは発電と環境との両立を図るのが狙い。  ガイドラインでは、日射を反射しにくい太陽光パネルや周りの景観を損なわない色彩の使用、国..

続きを読む

もっと見る