四国電、増える太陽光発電 迫る出力制限の影【日本経済新聞2019年11月3日】

四国で太陽光などの発電事業者に稼働の一時停止を求める「出力制御」の可能性が強まっている。天候で発電量が左右する太陽光の導入量が徐々に増え、8月末で2010年3月末の26倍の259万キロワットまで拡大したからだ。自然エネルギーを巡る四国電力の取り組みを追った。 揚水運転で余剰電力を吸収する四国電力の本川発電所(10月25日、高知県いの町) 10月25日、四国の中央付近に位置する水力発電…

続きを読む