北陸電、出力制御の準備要請 再生エネ事業者に【日本経済新聞2019年12月9日】

北陸電力は9日、エリア内の太陽光や風力の発電事業者に出力制御の準備を要請すると発表した。電気はつくる量と需要が一致しないとシステムが不安定になり、停電するリスクもある。太陽光などの再生可能エネルギーを使う事業者に出力を制御できるよう設備の改善を促し、安定して電力を送れるようにする。 北陸電力は再生エネ発電事業者に出力制御の準備を要請する(富山市の本店) 太陽光などで発電した電気を直流…

続きを読む

太陽光受け入れ101万キロワット 北電、上限に残り9万キロワット【北國新聞2016年8月17日】

 北陸電力が受け入れる太陽光発電の電力容量が、今月5日時点で計101万キロワットとなったことが分かった。既に受け入れたのが61万キロワット、契約済みが40万キロワットとなっており、北電が上限に設定する110万キロワットまで残り9万キロワットに迫っている。 http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20160817304.htm http://archive.is/x…

続きを読む

北電 年度内に上限到達 太陽光発電買い取り【北國新聞2016年7月27日】

 再生可能エネルギー固定価格買い取り制度に基づき北陸電力が事業者や家庭と接続契約した太陽光発電設備の出力累計が、今月中旬に約100万キロワットを超え、本年度中に受け入れ上限(110万キロワット)に達する見通しとなった。上限を超えても契約はできるが、超過分は発電事業者に不利な条件が適用される。太陽光発電関連の設備業者らは、今後は新規の設置が頭打ちになるとみている。  北電によると、同社が契約…

続きを読む