住宅用太陽光発電も立ち入り検査対象に 経産省が安全規制強化で - 毎日新聞

台風15号で被害を受けた太陽光発電パネル=千葉県南房総市で2019年10月28日、中島章隆撮影  経済産業省は、住宅用の太陽光発電設備の安全規制を強化する方針を固めた。重大事故が発生する恐れがある場合や、実際に事故が発生した際に立ち入り検査できるようにする。大型台風で太陽光パネルが飛ばされるなど重大事故への懸念が高まっているためで、来年の通常国会に電気事業法改正案を提出する方針。  主…

続きを読む

東京新聞:太陽光、設備廃棄に強制積み立て 経産省、22年までに導入:経済(TOKYO Web)

 経済産業省は26日、事業用の太陽光発電設備を対象に、将来の廃棄費用を事業者に強制的に積み立てさせる制度案を有識者作業部会に示した。使われなくなった太陽光パネルが撤去されず環境や景観を損なうことを防ぐ。パネルには鉛などの有害物質が含まれている。2022年7月までの導入を目指す。  対象は、出力10キロワット以上で固定価格買い取り制度(FIT)の認定を受けた設備。売電量1キロワット時当たり1…

続きを読む

経産省 未稼働事業用太陽光発電でFIT認定を取り消す措置導入へ - 産経ニュース

 経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)をめぐり、長期間にわたって、未稼働となっている事業用太陽光発電の認定を取り消すなどの制度導入の検討に入った。FIT認定では、電力系統に送り込むことを前提にしており、未稼働の分を仮押さえする状況が続いている。このため、新規参入事業者の系統利用が阻害されているのが実情で、未稼働を続けることができないように取り組む。  再生可能エ…

続きを読む

再生エネ、災害への備え急務 期待の非常電源に死角  :日本経済新聞

台風15号の被害を受けた千葉県内の太陽光発電所は4時間にわたって燃え続けた(9月9日、千葉県市原市) 太陽光発電など再生可能エネルギーの防災面のもろさがクローズアップされている。今秋以降の相次ぐ大型台風では千葉県内の水上メガソーラー(大規模太陽光発電所)火災など被害が発生、風力発電でも設備の課題が指摘される。日本は山間地や水上などで再生エネの開発が進んだ半面、コスト削減が優先され安全基準作…

続きを読む

小型太陽光・風力に事故報告を義務化、住宅太陽光は立ち入り検査対象に 【スマートジャパン2019年11月28日】

経済産業省が小型の太陽光発電や風力発電に対する保安規制を強化する方針を公表。50kW未満の太陽光発電、20kW未満についても、報告徴収や事故報告の対象とする方針だ。  経済産業省が2019年11月19日に開いた「新エネルギー発電設備事故対応・構造強度ワーキンググループ」で、小規模な太陽光発電や小型風力の安全対策を目的とした制度変更の方針が明らかになった。小規模な設備であっても、報告徴収や事…

続きを読む

内部積み立ても検討 太陽光設備の廃棄費用【建通新聞2019年9月25日】

 経済産業省は、太陽光発電設備の将来的な大量廃棄を見据えた制度設計で、事業者に廃棄費用の外部積み立てを求めることを基本としながら、適切な維持管理などの条件を設けて、例外的に内部積み立ても認めることを検討する。 https://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/190925590009.html http://archive.fo/KNTHr

続きを読む

経産省、大規模再生エネ促進 固定買い取り→市場価格上乗せ【産経ニュース2019年9月23日】

 経済産業省が、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の見直しに乗り出している。大規模な太陽光発電や風力発電などでは、現行のFITを取りやめ、電力の市場価格に一定額の補助金を上乗せする仕組みに変更する方向で、議論を進めている。再生エネを主力電源に育成すると同時に、家庭や企業の負担を減らす狙いだ。  FITは再生エネの一定期間の発電量全てを、電力会社が固定価格で買い取る仕組みで、…

続きを読む

「本当に頭が痛い」太陽光発電、6割が雑草に悩む 草刈り、間隔が空きすぎれば木や竹も伸長【西日本新聞2019年9月9日】

日当たりの良い太陽光発電所では、雑草が大きな悩みになっている  太陽光発電の最大の悩みは「雑草」―。九州経済調査協会が太陽光発電事業者に実施した調査で、約6割の事業者が雑草対策に頭を悩ませていることが分かった。伸びた雑草が影になると、発電効率が落ちる。九州をはじめ各地で急速に広がった太陽光発電だが、その維持管理が課題となっている。 調査は、九州で太陽光発電を手掛けている事業者を対象に…

続きを読む