続く泥棒、情報源は経済産業省? ソーラーパネル6000枚盗まれる:東京新聞 TOKYO Web 2020年5月31日 07時44分

ソーラーパネルが盗まれた資材置き場=結城市で  ソーラーパネルの盗難が近年、本県や栃木県で相次いでいる。太陽光発電の事業者団体は、発電設備の場所を公表している経済産業省のホームページ(HP)が窃盗犯の情報源になっている可能性を指摘する。(松村真一郎)  今年の春先、結城市の資材置き場からソーラーパネル六千百九十八枚(約一億二千万円相当)が盗まれた。窃盗の疑いで捜査している結城署によると、…

続きを読む

再生エネ設備「設置NO」 禁止条例、17年から倍増  :日本経済新聞 2020/5/30 17:01

再生可能エネルギーの発電設備の設置を禁止する自治体が急増している。2017年から2年あまりで2倍になった。地域住民が大規模な太陽光や風力発電設備の設置による森林伐採などを懸念しているためだ。再生エネの導入で先行するドイツでは反対運動の増加によって風力の新規導入量が2年で8割も減った。「エコ」なはずの再生エネの地域との共生の難しさを浮き彫りにする。 レノバはメガソーラーを立地した地域で住民の…

続きを読む

東京新聞:<地球異変 挑戦する福島>富岡・新福島変電所 再生エネを首都圏へ:社会(TOKYO Web)

 かつて水田だった場所に敷き詰められた太陽光パネルの向こうに、鉄塔と電線が張り巡らされた場所が見える。東京電力福島第一原発から南西に約九キロ、福島県富岡町の山沿いに東電の新福島変電所がある。原発事故前までは、原発からの電気を首都圏に送り続けた拠点。その電気が今、太陽光と風力という再生可能エネルギーに代わった。  新福島変電所は今年一月、県内の再生エネ発電所とつなぐための改修工事を終えた。福…

続きを読む

太陽光買い取り制見直し 新制度の法案を閣議決定【日本経済新聞2020年2月25日】

全量買い取り制度で国民負担が膨らんだ(太陽光発電所) 政府は25日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)を見直すための法改正案を閣議決定した。つくった電気を全量買い取る今の仕組みは国民負担が重いため、採算重視の支援制度に修正する。新たな制度では入札制度で認定を受けた太陽光や風力の発電事業者が売り先を自ら探し、国が市場価格に上乗せして補助する仕組みになる。 改正案は今国会…

続きを読む

事業用太陽光、買い取り12円に下げ 発電事業者の競争促す【日本経済新聞2020年2月4日】

経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で、2020年度以降、太陽光発電(事業用)の固定買い取り価格を1キロワット時あたり12円と、現在の14円から引き下げる。安い価格で発電する事業者から順番に買い入れる「入札制」の対象も大幅に拡大する。高額買い取りによる育成からコストを重視した競争促進へ軌道修正を進める。 画像の拡大 4日に省内で開いた「調達価格等算定委員会」…

続きを読む

検証:台風19号 「皆伐」跡で崩落多発 「人災」対策後手【毎日新聞2019年12月17日】

 東北地方などに被害をもたらした台風19号の被災地を歩くと、森を全面伐採して丸裸にする「皆伐(かいばつ)」の跡地から土砂崩落が起きたケースが頻発していた。近年の他の豪雨災害でも同様の事例がみられる。政府が効率重視で林業の成長産業化を図る一方、こうした「人災」の検証は進まず、識者や林業関係者から懸念の声が漏れる。【寺田剛】 浸水被害が起きた阿武隈川支流・五福谷川の上流部。伐採跡地から土砂…

続きを読む

住宅用太陽光発電も立ち入り検査対象に 経産省が安全規制強化で - 毎日新聞

台風15号で被害を受けた太陽光発電パネル=千葉県南房総市で2019年10月28日、中島章隆撮影  経済産業省は、住宅用の太陽光発電設備の安全規制を強化する方針を固めた。重大事故が発生する恐れがある場合や、実際に事故が発生した際に立ち入り検査できるようにする。大型台風で太陽光パネルが飛ばされるなど重大事故への懸念が高まっているためで、来年の通常国会に電気事業法改正案を提出する方針。  主…

続きを読む