「住民参加」でクリーンエネルギー革命を先駆け 独バイエルンの村【AFPBB News2016年8月11日】

【8月11日 AFP】ドイツ・バイエルン(Bavaria)地方、緩やかな起伏の牧草地が松林に突き当たり、水平線にアルプス(Alps)山脈の稜線が続く、人口2600人のビルトポルズリート(Wildpoldsried)の村はずれに、風力タービンが並んでいる。  古い教会や伝統的なビアガーデンがあるこの村は、バイエルンの地方部を象徴するような村だ。だが一方で、ドイツのグリーンエネルギー革命の最先…

続きを読む

三菱商事が米国の太陽光発電事業者に50%近く出資【産経ニュース2016年8月10日】

 三菱商事は10日、米国の発電事業統括会社を通じて太陽光発電の開発や建設、保守、資産管理までを手掛ける米ネグザンプ(マサチューセッツ州)に出資したと発表した。詳細は明らかにしていないが、50%近くを出資し、出資額は数十億円規模とみられる。  三菱商事米子会社のダイアモンド・ジェネレーティングは、天然ガス火力や風力発電所を運営しており、分散型電源の太陽光発電に参画することで発電メニューを多角…

続きを読む

米テスラが太陽光発電企業を買収【産経ニュース2016年8月2日】

 米電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モーターズは1日、今年6月に提案した米太陽光発電ベンチャー、ソーラーシティの買収について、両社が合意したと発表した。買収は株式交換で実施し、ロイター通信によると買収額は約26億ドル(2660億円)相当となる。  テスラはパナソニックと協力して運営する米西部ネバダ州の工場「ギガファクトリー」で、EVや家庭用蓄電池に使うリチウムイオン電池を大量生産してコ…

続きを読む

世界中の電力網に自然エネルギーをつなぐ 「脱炭素の時代」へ急転換する世界のビジネス【WEB RONZA朝日新聞社2016年7月21日】

 昨年末のCOP21で成立した「パリ協定」では、今世紀後半に温室効果ガスの「実質排出ゼロ」をめざすことが国際的な合意となった。この目標を実現する鍵になるのが、自然エネルギーの拡大であることにはついては、すでに何回か、このWEBRONZAに書いた。例えば、「気候変動対策の主役に躍り出た自然エネルギー」  自然エネルギーでエネルギー利用全体の脱炭素化を進めるためには、まず電力の100%を自然エ…

続きを読む

シャープ モンゴル初、メガソーラー 太陽光事業再生へ【毎日新聞2016年7月20日】(他2ソース)

 シャープは19日、モンゴルに同国初となる大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。現地企業と組んで7月下旬に着工し、12月の稼働を目指す。太陽光事業は苦戦が続いていたが、海外展開を加速させて収益改善に弾みをつけたい考えだ。  メガソーラーはモンゴル北部のダルハン市に建設する。出力1万キロワットで、モンゴルの電力会社に25年間売電する。投資額は非公表。シャープは太陽光パネルの…

続きを読む

砂漠に高さ世界一のソーラータワー建設中 イスラエル【AFPBB News2016年7月15日】

イスラエル南部ネゲブ砂漠のアシャリムで建設中のタワー式太陽熱発電所の、5万5000枚の反射鏡の一部(2016年5月26日撮影)。(c)AFP/JACK GUEZ 【7月15日 AFP】イスラエル南部ネゲブ(Negev)砂漠の真ん中で、完成すればタワー式太陽熱発電所(ソーラータワー)としては世界一の高さになるアシャリム発電所(Ashalim Tower)が建設中だ。この発電所はイスラエルの再…

続きを読む

300軒分の住宅太陽光と蓄電池で「仮想発電所」を構築 NYの大手電力が「クリーンで災害に強い」新サービス【日経テクノロジーオンライン2016年7月1日】

電力大手と太陽光パネル、蓄電池メーカーが連繋  米ニューヨーク州の大手電力会社 Consolidated Edison(以下Con Ed)社は、1500万米ドルを投じ、「仮想発電所(バーチャルパワープラント:VPP)」のパイロットプログラムを開始すると発表した。米SunPower社と米SunVerge社とのパートナーシップのもとで実施する。  同プログラムでは、ニューヨーク州の「エネ…

続きを読む