新富町、太陽光発電設置規制へ 災害防止に条例案 - Miyanichi e-press

 新富町は3日、太陽光発電など一定規模以上の再生可能エネルギー施設の設置を規制する条例案を、12月定例町議会に提案した。設置による土砂崩れなどの災害を防ぎ、景観や自然環境を維持するのが目的。事前に町長の同意を得ることなどを義務付ける内容で、来年4月1日の施行を目指す。町などによると、同様の条例は県内で初めてという。 http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_…

続きを読む

日出町のメガソーラー、住民側が業者を提訴「合意の水路補修行わず」 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate

 日出町真那井に大規模太陽光発電設備(メガソーラー)を整備した業者7社が事前に地元と合意した水路の補修工事をしていないとして、地元自治会や水利組合が業者に対し約4150万円の損害賠償などを求める訴訟を大分地裁杵築支部に起こしたことが5日、分・・・ https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2019/11/06/JD0058659304 http://ar…

続きを読む

別府市の農地転用贈収賄 顧客優先で無許可転用か 本体事業は3年15億円 /大分【毎日新聞2019年10月26日】

 別府市の農地転用手続きを巡る贈収賄事件で、贈賄容疑で逮捕された佐野保人容疑者(70)が社長を務めた佐野土木建設は、汚職の舞台の太陽光発電所造成事業で、3年で15億円以上の土木事業を受注していた。発注元の酒造会社は同社の主要取引先で、民間受注事業の大半を占める。不正転用の農地は当初の事業計画になく、地権者も複数いたことから、県警は見積もりを誤った佐野容疑者が、大口顧客をミスで逃さぬよう収賄容疑で…

続きを読む

別府市の農地転用贈収賄 太陽光発電予定地が舞台 恒松容疑者、勝手に認可か /大分 - 毎日新聞

恒松直之容疑者 贈賄で逮捕の佐野容疑者 工期に焦り依頼、謝礼渡す?  別府市の農地転用の許可手続きを巡る贈収賄事件で、農地から転用されたのは、同市のメガソーラー(太陽光)発電所の造成工事に関連した土地だったことが、捜査関係者などへの取材で分かった。収賄容疑で逮捕された同市農業委員会長、恒松直之容疑者(71)は、農地法に違反した転用を認め、工事は転用許可を得ずに着工されていた。太陽光を利用した…

続きを読む