宇佐メガソーラー立地変更を業者提示 住民は計画反対 土佐市|高知新聞

 高知県土佐市宇佐町の山中に大規模太陽光発電所(メガソーラー)の整備を計画している福岡県の業者が11月30日夜、「USAくろしおセンター」で地元住民説明会を開き、事業地の一部変更を示した。住民からは「計画自体の中止を」との声が相次いだ。... https://www.kochinews.co.jp/article/328449/ http://archive.md/Hk2e1

続きを読む

四万十川ソーラー 市が不許可に 四万十川条例に曖昧さも【高知新聞2019年11月30日】

四万十市が「不許可」を決めたメガソーラーの計画地周辺(同市三里、8月撮影) 景観悪化や災害の恐れ  四万十市は29日、東京の2事業者が申請した四万十川沿岸での大規模太陽光発電所(メガソーラー)計画について、県四万十川条例に基づき「不許可」にしたと発表した。記者会見で中平正宏市長は「施設の遮蔽(しゃへい)と、太陽光パネルの流出防止策について、条例に沿っていないと判断した」と説明。景観悪化や災害…

続きを読む

四万十川の太陽光発電 許可せず|NHK 高知県のニュース

四万十市の四万十川沿いに計画されている民間の大規模な太陽光発電施設の建設について、四万十市の中平正宏市長は、大雨の際に川の水位が上昇し発電パネルが流出するおそれがあることなどから建設を許可しないことを明らかにしました。 これは、29日、中平市長が記者会見で明らかにしたものです。 四万十市三里の四万十川に面したおよそ8.3ヘクタールの土地では、東京の事業者2社が大規模な太陽光発電施設の…

続きを読む

メガソーラー反対1.4万筆 四万十市 住民ら市長に署名|高知新聞

 高知県四万十市三里の四万十川沿いの民有地に東京の事業者が計画している大規模太陽光発電所(メガソーラー)について、三里地区、下流の佐田地区、観光業や漁業関係者らでつくる「四万十川を後世に伝える会」などは8日、市が建設を許可しないよう求める要望書と、県内外から集めた署名計1万4698筆を中平正宏市長に手渡した。... https://www.kochinews.co.jp/article/322…

続きを読む

四万十川メガソーラー審査へ 四万十市が申請受理 反対住民は県に要望書【高知新聞2019年11月1日】

月内にも可否  高知県四万十市三里の四万十川に面した民有地(約8・3ヘクタール)で計画されている大規模太陽光発電所(メガソーラー)について、市は31日、東京の2事業者の申請を正式に受理した。今後、計画で示された洪水対策や、パネルを遮蔽(しゃへい)する植栽の実効性などを審査する。中平正宏市長は「11月下旬には(許可、不許可を)判断したい」としている。  市によると、事業主体は土地の約3分の…

続きを読む

メガソーラー反対相次ぐ 四万十市の三里、佐田で説明会【高知新聞2019年9月16日】

 四万十市三里の四万十川沿岸で東京の事業者が計画している大規模太陽光発電所(メガソーラー)について、同市は13、14の両日、三里地区と下流の佐田地区で住民説明会を開いた。参加者からは景観や災害時の影響を懸念する声が相次いだという。  説明会は住民側の意向で報道機関には非公開。関係者によると、13日の佐田地区は19人、14日の三里地区は17人が参加した。... https://www.ko…

続きを読む

「メガソーラー建設に反対」 観光、漁業関係者が四万十市に要望書 景観悪化や災害時を懸念 /高知【毎日新聞2019年9月7日】

四万十川沿いのメガソーラー建設予定地=高知県四万十市三里で、上野力撮影 市、13日に地元説明会  四万十市三里の四万十川沿いの民有地に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する計画が持ち上がっており、地元の観光業者や漁業者ら10人が5日、四万十市役所を訪れて建設を許可しないよう求める要望書を中平正宏市長に提出した。【上野力】 反対意見を聞く中平正宏市長(奥列中央)ら市幹部=高知…

続きを読む

「メガソーラー不許可を」反対派が四万十市長に要望【高知新聞2019年9月6日】

 四万十市三里の四万十川に面した民有地で計画されている大規模太陽光発電所(メガソーラー)を巡り、観光業や漁業関係者らでつくる「四万十川を後世に伝える会」などは5日、建設を許可しないよう求める要望書を中平正宏市長に提出した。  建設予定地は佐田沈下橋の北西(上流側)1キロ圏内。東京の2事業者が8・3ヘクタールの土地に、出力3メガワットの発電施設を整備する予定という。... https://…

続きを読む