太陽光事業で土地登記書を不正交付申請 松野町職員ら逮捕 虚偽有印公文書作成・同行使容疑【愛媛新聞ONLINE2018年11月22日】

 太陽光発電システム設置会社が愛媛県松野町で行った土地調査に絡む虚偽有印公文書作成・同行使容疑事件を内偵していた県警捜査2課と宇和島署は22日、公共事業を装って土地の登記事項証明書の交付申請を行ったなどとして同容疑で同町、町建設環境課技師の男(48)と北九州市の同システム設置会社社長(44)の両容疑者を逮捕した。 https://www.ehime-np.co.jp/article/news2…

続きを読む

会計検査院 決算報告 6000万円超を不当受給 県など /愛媛【毎日新聞2018年11月10日】

 会計検査院が9日公表した2017年度決算検査報告で、県内の自治体などは事務処理ミスなどで総額6000万円を超える交付金が過大受給と指摘された。不当額の最高は今治市の2305万円。県では太陽光発電設備の設計ミスで安全性に問題があったことも判明した。【中川祐一、遠藤龍】  報告によると、今治市は12~14年度、市立乃万小(同市延喜)の危険改築事業で、交付金対象外の… https://mai…

続きを読む

新エネルギー興味津々 家族連れ、発電の仕組み学ぶ【愛媛新聞ONLINE2016年8月11日】

【写真】太陽光パネルに影をつくり、発電量の違いなどを確かめる参加者=10日午後、松山市勝岡町  環境に優しいバイオマスや太陽光発電などの新エネルギーを身近に感じてもらう見学会が10日、愛媛県松山市内の2施設であり、家族連れら45人がリサイクル技術や発電の仕組みなどを学んだ。  県が2010年から毎年開催。使用済み天ぷら油などの廃食用油を精製してバイオディーゼル燃料(BDF)を製造しているダ…

続きを読む

新居浜・阿島メガソーラー 反対3団体が県に意見書【愛媛新聞ONLINE2016年7月14日】

 愛媛県新居浜市の阿島山に計画されている四国最大の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を巡り、建設に反対する阿島土地改良区、阿島川自治会、安養寺護持会の3団体が13日、事業者側から施設や工事の防災・安全対策に関する説明がないとして、県に事業者への指導などを求める意見書を提出した。  意見書によると、事業者の資力が信用性を欠く▽開発による樹木伐採や整地で山が保水力を失うため、山崩れや洪水の原因と…

続きを読む

四国最大メガソーラー計画 事業者が現地説明会【愛媛新聞ONLINE2016年7月11日】

【写真】住民にメガソーラー建設計画の概要を説明する事業者=10日午後、新居浜市阿島  四国最大の出力約5万4000キロワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設が計画されている愛媛県新居浜市阿島の阿島山で10日、事業者による現地説明会があり、阿島地区の住民約100人に工事概要や防災対策を説明した。  近隣住民約160世帯に呼び掛けて実施。事業者側からは、ブライダル・不動産会社「リビエラ…

続きを読む

リビエラ 愛媛にメガソーラー計画「四国最大規模」【毎日新聞2016年7月5日】(他1ソース)

 ブライダル業や不動産業などを手掛ける「リビエラ」(東京)は5日、愛媛県新居浜市に出力約5万4000キロワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する計画を明らかにした。愛媛県が建設に同意し、森林法や河川法などに基づく許認可が得られれば着工する。担当者は「実現すれば、メガソーラーとして四国最大の発電規模になる」と説明している。  リビエラが事業のために設立した特定目的会社(SPC)「…

続きを読む