東広島のゴルフ場跡に18MWのメガソーラー、九電工やプロスペクトなど開発 パネルはソーラーフロンティア製、パワコンはTMEIC製【日経テクノロジーオンライン2016年6月2日】

 分譲マンションなど不動産開発を手掛けるプロスペクトは6月1日、広島県において、出力約18MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を開発すると発表した。  九電工、JFEエンジニアリング、ユニ・ロット(大阪市)と共同で開発する。4社が共同で出資する匿名組合を通じて、発電事業者となるSPC(特定目的会社)、KPJU東広島に出資する。  事業総額は約70億円で、匿名組合の出資総額は約13…

続きを読む