太陽光パネル税で反対集会|NHK 岡山県のニュース

美作市議会で、太陽光発電所のパネルの面積に従って、独自に課税する条例案が、28日から改めて審議されるのを前に、新たな課税に反対する太陽光発電の事業者の団体が、美作市で大規模な集会を開きました。 団体は28日、市に対して条例案の撤回を申し入れることになりました。 集会は、美作市が成立を目指している太陽光パネルの面積に従って、独自に課税する条例案が、28日から市議会で審議されるのを前に、太陽…

続きを読む

岡山県、太陽光発電設置者の責務や禁止区域を定めた条例制定 10月施行【環境ビジネスオンライン2019年7月9日】

岡山県は7月5日、太陽光発電施設を安全に導入するために必要な事項を定めた条例を制定した。この条例は10月1日に施行する。 太陽光発電の導入は、再生可能エネルギーの普及に向けた有効策である一方、その導入にあたっては、安全性確保や環境保全などについて、県民から不安の声が出ているケースもある。この「岡山県太陽光発電施設の安全な導入を促進する条例」は、こうした県民の不安を解消し、安全で安心な生活の…

続きを読む

県が太陽光発電の禁止区域設定 施設の安全導入へ条例案まとめる【山陽新聞デジタル2019年6月8日】

 岡山県は、太陽光発電施設の安全な導入を進めるための条例案をまとめた。設置の禁止区域を設け、規定に違反した場合は施設の撤去命令などの行政処分をすることが柱。10日開会の6月定例県議会に提出し、認められれば10月に施行する。県によると、太陽光発電施設の設置禁止区域を定めた条例は都道府県では初めてという。  禁止区域は、土砂災害の危険性が高い砂防指定地など4区分で、住宅などへの設置は除く。安全…

続きを読む

美作市「発電パネル税」で条例案 事業者対象、6月議会に提案【山陽新聞デジタル2019年5月24日】

 美作市は24日、太陽光発電事業者を対象にした法定外目的税「事業用発電パネル税」を創設する条例案をまとめた。28日開会の6月定例市議会に提案する。導入には総務相の同意が必要で、早ければ2020年度からパネル1平方メートル当たり50円を課税する。市によると、太陽光発電に関する法定外目的税の導入を目指すのは全国初という。  経済産業省に事業用として届け出ている市内約180カ所を対象とし、年間9…

続きを読む

県市議会議長会が高梁で総会 豪雨復旧・復興支援を提案へ【山陽新聞デジタル2019年5月23日】

西日本豪雨の復旧・復興支援など国への要望を決めた総会  岡山県市議会議長会の総会が23日、高梁市内であり、国への要望として、西日本豪雨災害の復旧・復興支援など3件を中国市議会議長会総会(29、30日、山口県)に提案することを決めた。  復旧・復興支援では、堤防の整備や川底の掘削といった治水対策の推進や被災住宅用地にかかる固定資産税の軽減措置延長などを要望。他の2件は、2019年度から一部…

続きを読む

太陽光施設の設置 傾斜地は禁止【中国新聞アルファ2019年1月27日】

 岡山県は、傾斜地など土砂災害の危険性が高い場所への太陽光発電施設の設置を原則的に禁止する条例の制定を目指す。西日本豪雨で全国的に太陽光パネルが損壊する被害が相次いだのを受け、新年度の制定、施行を予定する。 (ここまで 103文字/記事全文 581文字) https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=500122…

続きを読む

赤磐市が太陽光発電設置に規制 条例素案まとめ意見公募受け付け【山陽新聞デジタル2018年12月11日】

 赤磐市は、一定規模以上の太陽光発電施設の開発を規制する条例素案をまとめた。出力50キロワット以上を計画する事業者に対し、市長と事前協議を行うことなどを義務付ける内容。2018年度内の策定に向け、21 ... http://www.sanyonews.jp/article/836252 http://archive.is/3EutO

続きを読む