八幡市・男山ソーラー 計画行き詰まり 府指導で林地開発申請の必要も/共産党「土地買収の必要ない」 | 京都民報Web 2020年7月12日

不法造成が行われた計画地  八幡市男山で大阪市の業者がソーラー建設を計画している問題で、業者が宅地造成法にもとづく工事の許可申請をしたものの、府の指導に従うと開発面積が1ヘクタールを超え、林地開発申請および府の条例で地元合意なども必要となる可能性が出てきたため、行き詰まったまま半年が経過していたことがこのほどわかりました。  業者は2018年、約5ヘクタールのソーラー計画を地元に示してい…

続きを読む

土砂の大量搬入ない? 住民警戒 宇治田原町・太陽光発電施設目的に森林伐採工事 | 京都民報Web 2020年6月27日

現場を調査する日本共産党の今西久美子(右)、山本精両町議 過去に「盛り土条例」違反事例も  宇治田原町岩山で、大阪市の業者が「太陽光発電用地の測量」として約3000平方メートルの森林伐採の申請を行い、進入路の造成、伐採作業を進めています。小学校の通学路をダンプなどの工事車両が通行するほか、同町の他地域で別業者の太陽光発電設置工事で、計画地内に大量の土砂が持ち込まれた事例があったことから、地元…

続きを読む

ハッチョウトンボの生息確認 南山城村・メガソーラー建設予定地近く 京都府・登録天然記念物 | 京都民報Web 2020年6月17日

ハッチョウトンボ(オス) 開発の影響受けやすい、住民「保全措置求めていく」  京都府の登録天然記念物で、府のレッドデータブックで準絶滅危惧種にも指定されているハッチョウトンボが、今年も相楽郡南山城村のメガソーラー建設予定地近くで生息していることが確認されました。住民らは「希少な種を保全するよう引き続き府や村に求めていく」と話しています。  ハッチョウトンボは体長1~2㌢で、日本一小さい…

続きを読む

南山城村 メガソーラー工事で約束違反の「泥水」流出続く、共産党「工事がずさん」 | 京都民報Web 2020年6月10日

東工区の泥水流出現場を調査する日本共産党の齋藤和憲村議(右)と鈴木かほる村議  米外資系企業「FS Japan Project6(ファーストソーラー・ジャパン・プロジェクト・シックス) 」(東京都千代田区、以下=「ファースト社」)が相楽郡南山城村で進めているメガソーラー建設工事をめぐり、住民説明会でも再三、「泥水を外に出さない」と約束していたにもかかわらず、3月から5月にかけて水田につながる水…

続きを読む

八幡市・男山ソーラー計画 梅雨・台風シーズン前に万全の防災措置を 住民団体が府に申し入れ | 京都民報Web 2020年5月15日

無許可造成工事で「安全性保障できない」状態  八幡市男山で大阪の建設業者が宅地造成法(=宅造法)に違反して、太陽光発電施設設置に向けた造成工事を無許可で強行した問題で、住民団体「男山の太陽光発電建設反対実行委員会」(共同代表=石野喜幸、竹村正輝)は5月11日、建設業者は「事業継続を断念し」「排水設備もないまま2度目の雨期を迎ええようとしている」として、京都府に住民の安心・安全の確保を求める要望…

続きを読む

八幡市・男山ソーラー 住民団体質問に堀口市長"無回答"/5年前の対応に一切言及せず、住民団体「今日の事態、市長の責任」【京都民報Web2020年2月16日】

 八幡市男山での太陽光発電施設建設に関わり、堀口文昭市長が2015年3月の段階で「(建設を)止める手立てはない」とした報告書を受け取っていた問題で、市長の当時の対応などをただした住民団体の公開質問状に対して、同市長は7日、この問題に一切言及しないコメントを回答として同団体に伝えました。  「男山の太陽光発電建設反対実行委員会」の石野喜幸、竹村正輝両共同代表がこの日、市役所を訪れ、担当の都市…

続きを読む

八幡市・男山ソーラー建設で「規制困難」の報告書受け取る 堀口市長が5年前に | 京都民報Web

太陽光発電施設建設が計画されている男山 住民団体が公開質問「なぜ見直し求めなかった」  八幡市男山での太陽光発電施設建設の問題で、堀口文昭市長は2015年3月の段階で、「(建設を)止める手立てはないと判断する」とした報告書を担当課から受け取っていたことが住民団体「男山の太陽光発電建設反対実行委員会」の情報公開請求によって明らかになりました。これを受けて同会は1月29日、堀口市長に、10項目の…

続きを読む

太陽光パネルで二重ローン被害相次ぐ 「組み直せば毎月の支払額減る」と勧誘【京都新聞2020年1月30日】

太陽光パネル購入にかかわる二重ローン被害の例  太陽光パネルの購入のためローンを組んだ後、必要のないローンを別に組まされ、二重の返済に陥る被害が滋賀県内で相次いでいる。被害者は大阪市の企業「エス・イーコーポレーション」から訪問販売などで購入した顧客で、滋賀弁護士会は片方の支払いは法的に止められる可能性があるとして、弁護士などへの相談を呼び掛けている。  弁護士会によると、同社は複数の顧客…

続きを読む