太陽光アセス 環境への配慮を怠るな | 岩手日報 IWATE NIPPO

 大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業が来年4月から国の環境影響評価(環境アセスメント)の対象となる。急増する一方で対策の遅れが指摘されていたが、ようやく実施される。  県は先ごろ、対象面積について国の基準より厳しくする方針を県議会で示した。環境への配慮が進むことが、発電施設と地域社会の共存前進につながってほしい。  太陽光発電所が次々と設置されるようになったきっかけは、東京電力福…

続きを読む

【太陽光発電は人を幸せにするか】(26) 高利率に惹かれたが…会社破産で損害【産経ニュース2019年3月3日】

ライズデザインファクトリーが分譲した太陽光発電所。柵の一部が壊れていた=平成29年11月、岩手県花巻市横志田(三枝玄太郎撮影)  消費者、顧客とのトラブルを抱えたまま倒産してしまったため、太陽光発電所の完成を見ないまま途方に暮れている人もいる。  熊本県に住む40歳代の会社員の男性は倒産したライズデザインファクトリー(東京都豊島区・ライズ社)から岩手県花巻市で分譲・販売された太陽光発電所…

続きを読む

大石田のメガソーラー「重大な影響懸念」 事業者の環境配慮書に知事意見【山形新聞2018年12月29日】

 大石田町次年子地区で計画されている大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設で県は28日、事業者が提出した計画段階環境配慮書に対する知事意見を27日付で送付したと発表した。事業について「周辺環境に重大な影響を及ぼすことが懸念される」とし、関係自治体や住民と事前協議を行い、地元の意見を十分尊重した上で環境影響評価の手続きを進めるよう求めた。  県環境影響評価条例に基づく手続きの一環。配慮書を巡…

続きを読む

【太陽光発電は人を幸せにするか】(15) 賛成の自治体も反対へ 「地元軽視」外資への募る不信【産経ニュース2018年11月3日】

日本最大級の太陽光発電所建設計画が持ち上がった山林。以前は農家が点在し、棚田の稲作などで生計を立てていたという=9月1日、山形県大石田町次年子(三枝玄太郎撮影)  「野球で言えば9回まで大差で勝っていた試合をひっくり返されて負けたようなもの。地元を軽視し過ぎだ。話にならない…」  関係者が肝を冷やしたニュースは10月25日に報じられた。100メガ(100万キロ)ワットのメガソーラーの…

続きを読む

【太陽光発電は人を幸せにするか】(14)後藤幸平・飯豊町長「外資の高い目線、許せない」「『圧力』もあった」【産経ニュース2018年10月28日】

インタビューに応じる飯豊町の後藤幸平町長=8月31日、山形県飯豊町役場(三枝玄太郎撮影)  計画に反対の意思を表明している山形県飯豊町の後藤幸平町長(67)は産経新聞のインタビューに答え、計画を知った経緯や反対する理由について語った。町長は、ユニバージー100合同会社(東京都港区、8月から天狗山ソーラーパーク合同会社)が飯豊町に太陽光発電所を計画したことについて、同社の鍵川健太社長(当時・…

続きを読む

次年子の太陽光発電、実現に疑問の声 大石田町環境影響評価審の初会合【山形新聞2018年10月28日】

メガソーラー事業について意見交換する審査会委員ら=大石田町役場  大石田町次年子地区の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設に関する町環境影響評価審査会の初会合が25日、町役場で開かれた。東京都の事業者が作成した計画段階環境配慮書に関し専門家が協議し、事業実現を疑問視する声が上がった。  審査会設置は県環境影響評価条例に基づく手続きの一環で、大学教授ら5人で構成。任命書交付の後、2人…

続きを読む

【太陽光発電は人を幸せにするか】(13) 雪深い土地にメガソーラー 「雪崩が起きたら…」 困惑する住民たち【産経ニュース2018年10月27日】

太陽光発電所を建設する計画がある、ユニバージー75合同会社が、冬の除雪に耐えられるかどうか実験した施設。結果は「バッキバキに壊れていた」(地元住民)という=9月1日、山形県大石田町次年子(三枝玄太郎撮影)  国内最大級の規模となる北国の太陽光発電所計画は山形県飯豊町と大石田町の町民に賛否両論を巻き起こした。  飯豊町が調べたところ、現在、国内最大の太陽光発電所計画は、宇久島メガソーラ…

続きを読む

【太陽光発電は人を幸せにするか】(12) 中国系企業も参加 千代田区1個分を外資が開発へ【産経ニュース2018年10月21日】

 スペイン系のエネルギー関連会社「UNIVERGY(ユニバージー)」(日本本部、東京都港区)が山形県内の2カ所に東日本最大規模の太陽光発電所を計画している。2つ合わせて約1070ヘクタールとされる。ほぼ千代田区がすっぽり入ってしまう面積だ。しかもUNIVERGYが主体となって組成した同県飯豊(いいで)町の合同会社には、途中からタイや中国の大手資本が参加することが町役場に知らされた。すでに町には、…

続きを読む