南島原市議を収賄罪で起訴【NNNニュース2019年11月20日】

南島原市議を収賄罪で起訴

長崎2019.11.20 18:09
太陽光発電事業が計画されていた土地の購入をめぐり賄賂を要求したなどとして逮捕された南島原市議の男が20日、収賄などの罪で起訴された。

収賄と恐喝未遂の罪で起訴されたのは南島原市議の下田利春被告69歳。下田被告はおととし5月、太陽光発電事業を計画していた東京の業者が南島原市所有の土地を購入する際、市議会で承認されるよう便宜を図る謝礼として6000万円の賄賂を要求した。その上で、応じなければ「事業計画をつぶす」などと言って脅し取ろうとしたとされている。業者は要求を断っている。長崎地検は下田被告の認否について明らかにしていない。
http://www.news24.jp/nnn/news16362438.html
http://archive.md/TzpRX

南島原汚職 下田市議起訴 収賄罪など 地検 /長崎 - 毎日新聞
 南島原市の大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業を巡る汚職事件で、長崎地検は20日、事業を計画していた業者に賄賂を要求したなどとして、同市布津町丙の同市議、下田利春容疑者(69)を収賄(賄賂要求)と恐喝未遂の罪で起訴した。

 起訴状によると、下田被告は2017年5月17日、メガソーラー予定地内にある市有地の払い下げを求めていた電気設備会社(東京)の担当者に、「雨水が私の土地に流れてくるので、私の土地に調整池を設置してほしい。賃料は年300万円で、20年分を先払いで払ってほしい」と6000万円を要求。「受け入れなければ、議会で払い下げに反対し計画を潰す」などと脅した他、応じれば払い下げが承認されるよう便宜を図ると賄賂を要求した。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴を受け、下田被告の弁護人は取材に対し、「公判では無罪を主張する」と話した。【松村真友、中山敦貴】

〔長崎版〕
https://mainichi.jp/articles/20191121/ddl/k42/040/214000c
http://archive.md/kuETO