大規模太陽光発電巡り賄賂要求 収賄疑いで南島原市議逮捕 長崎県警【毎日新聞2019年10月30日】

長崎県警本部=長崎市尾上町で2019年3月1日、松村真友撮影
 長崎県警は30日、同県南島原市で計画された大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業を巡り、業者に賄賂を要求したなどとして南島原市議の下田利春容疑者(69)=同市布津町丙=を収賄と恐喝未遂の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は2017年5月、同市布津町内でメガソーラー事業の予定地内にあった市有地の払い下げを求めていた電気設備会社(東京)の営業部長の男性(60)に対して、予定地に隣接する自身の土地に防災用の調整池の設置を求めて賃料を迫り、議会で払い下げが承認されるように反対意見を控えるなど便宜を図ると持ちかけ、その見返りと賃料で計数千万円を要求したとしている。県警は認否を明らかにしていない。

 業者側によると、下田容疑者から賃料として6000万円を要求されたが、応じなかった。最終的に市有地は議会の議決が必要な評価額に達しなかったため市が払い下げ、メガソーラーは今春から稼働している。

 下田容疑者は、旧布津町議を経て、合併後の06年から南島原市議になり現在4期目。【松村真友】
https://mainichi.jp/articles/20191030/k00/00m/040/343000c
http://archive.md/0LAs5

太陽光発電「計画つぶす」、数千万円要求容疑 市議逮捕:朝日新聞デジタル
 長崎県南島原市で太陽光発電事業を計画していた事業者に対し、「条件を受け入れないと計画をつぶす」などと脅し、便宜を図る見返りに現金を要求したなどとして、県警は30日、南島原市議の下田利春容疑者(69)=同市布津町丙=を収賄(賄賂要求)と恐喝未遂の疑いで逮捕し、発表した。県警は認否を明らかにしていない。

 捜査2課によると、東京都北区の電気設備会社が南島原市で太陽光発電事業をするため、市有地の払い下げを受けようとしていた。下田容疑者は2017年5月、この会社の営業部長に対し、払い下げがうまくいくよう市議会で同僚議員の反対意見を抑え、有利に取り計らうことの見返りとして、数千万円の支払いを要求したなどの疑いがある。

 下田容疑者はこの市有地の近接…
https://www.asahi.com/articles/ASMBZ4HSNMBZTOLB002.html
http://archive.md/UcTkz