志摩の太陽光発電計画 市議会で市長「対応考えたい」 /三重【毎日新聞2018年12月8日】

 志摩市磯部町の的矢湾奥の山林に建設中の大規模な太陽光発電所について、景観への影響などを懸念する声が上がっている問題を巡り、志摩市議会の本会議で7日、質疑が交わされた。竹内千尋市長は「地元の40、50歳代の人たちが(将来を)危惧しているのは事実。法的には建設は可能だが、(反対意見を考慮し)しっかり対応を考えたい」と述べた。

 小河光昭市議が「建設予定地には市所有の側溝などがある。業者が使用などを求めてきたら、市は許可するの…
https://mainichi.jp/articles/20181208/ddl/k24/020/140000c

http://archive.is/KQVnF