大阪ガス、地域新電力に参入【産経WEST2016年7月12日】

地域新電力事業のイメージ
 大阪ガスは、自治体が運営にかかわる地域新電力事業に参入する方針を固めた。平成28年度内にも奈良県生駒市との共同出資で会社を設立する。大手電力、ガス会社が地域新電力に加わるのは初めて。地域内の再生可能エネルギーを買い取り、地域内で販売する電力の「地産地消」を目指す。

 生駒市が環境的配慮や市民生活の向上のために計画した事業で、公募型プロポーザル(提案)に大ガスが参加。今年6月にパートナー事業者に選定された。生駒市議会の承認など手続きを経たうえで、地域新電力会社を作る。

 計画によると、電気は、市内の住宅や施設が持つ太陽光発電の余剰分、小水力発電など再生可能エネルギーを中心に調達し、卸電力市場なども活用する。足りない需要分は、天然ガス火力発電所などを持つ大ガスが補う。

 市内の公共施設への電気供給からスタートし、将来的には一般家庭や企業など市民への販売も進める。
http://www.sankei.com/west/news/160712/wst1607120075-n1.html

http://archive.is/bBuUO