太陽光パネルで二重ローン被害相次ぐ 「組み直せば毎月の支払額減る」と勧誘【京都新聞2020年1月30日】

太陽光パネル購入にかかわる二重ローン被害の例  太陽光パネルの購入のためローンを組んだ後、必要のないローンを別に組まされ、二重の返済に陥る被害が滋賀県内で相次いでいる。被害者は大阪市の企業「エス・イーコーポレーション」から訪問販売などで購入した顧客で、滋賀弁護士会は片方の支払いは法的に止められる可能性があるとして、弁護士などへの相談を呼び掛けている。  弁護士会によると、同社は複数の顧客…

続きを読む

メガソーラー建設差し止め訴訟始まる…原告「地域社会を崩壊させてしまう」事業者「非常に不誠実」【静岡・伊東市(静岡朝日テレビ) 2020年1月30日】

静岡県伊東市のメガソーラー計画をめぐり、住民が事業者に工事差し止めを求める裁判がきのう始まりました。事業者側は全面的に争う姿勢を示しました。 訴状によりますと、原告の住民6人は伊東市八幡野に計画されているメガソーラーが、観光資源や景観を破壊し、土石流や河川の氾濫などの原因になると訴えています。 静岡地裁沼津支部で開かれた第一回弁論で、原告側は「地域社会を崩壊させてしまうほどの高いリス…

続きを読む

太陽光発電の規制強化を 自治会連合会が三重県に要望【伊勢新聞2020年1月30日】

【鈴木知事(中央奥)と懇談する自治会連合会の役員ら=津市羽所町で】  鈴木英敬三重県知事と県自治会連合会の役員が29日、津市羽所町のアストホールで懇談した。連合会は太陽光発電施設が周辺地域に与える影響を懸念し、規制強化を要望。鈴木知事は「新しい条例を作ることは現時点で考えていない」とし、平成29年に策定したガイドラインに基づいて業者への指導を徹底すると説明した。  連合会の水谷重信四日市…

続きを読む

栃木)那須塩原のメガソーラー 地権者が建設続行要望:朝日新聞デジタル

 栃木県那須塩原市の工場跡地で計画が進む大規模太陽光発電施設(メガソーラー)をめぐり、市と地権者が対立している。建設中止を求める市に対し、地権者は「今ごろになって中止しろというのは全く同意できない」と反発。計画を進めるNTTファシリティーズ(本社・東京都)も市の中止要望を拒否している。  商工会と自治会長連絡協議会から建設反対の要望を受けた渡辺美知太郎市長は12月11日に建設中止の方針を公…

続きを読む

事業者見解、十分でない 諏訪の太陽光発電で県技術委:長野:中日新聞(CHUNICHI Web)

 諏訪市の霧ケ峰高原近くで太陽光発電開発会社「LOOOP」(ループ、東京都)が計画している大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設事業で、環境への影響を検討している県環境影響評価技術委員会の第五回会合が二十三日、県庁で開かれた。事業者側の環境に対する影響予測や保全対策に関し、技術委側の疑問や指摘に「十分に答えられていない」との意見が相次ぎ、事業者側に詳細な調査と報告を次回の会合までに求めることにし…

続きを読む

岩手)遠野市、メガソーラーを制限 県内初、条例改正へ:朝日新聞デジタル

雪の中でも工事は進み、ほぼ半数の約5万枚の太陽光パネルの設置が終了した=2020年1月16日、岩手県遠野市小友町外山  大規模太陽光発電の設営による環境や景観上でのトラブルが懸念される中、岩手県遠野市は1ヘクタール以上の発電施設の建設を認めないよう条例改正する。県内では最も厳しい規制で、メガソーラー(出力千キロワット以上)を含む大規模ソーラーへの県内初の新設禁止措置となる。3月定例議会に提…

続きを読む

メガソーラー、計画通り継続 建設事業者、那須塩原市長に回答 - 産経ニュース

 ブリヂストン黒磯工場跡地(那須塩原市下中野)に大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の建設を計画しているNTTファシリティーズ(東京都港区)が14日、同市役所を訪れ、渡辺美知太郎市長に計画通り事業を継続する方針を伝えた。計画をめぐっては同市自治会長連絡協議会などが反対。渡辺市長が昨年12月末、同社に建設中止と跡地からの撤退を求める要望書を提出、回答を求めていた。  同日、同社幹部が市役所を…

続きを読む

相次ぐメガソーラーの建設計画に住民反発、土砂災害の不安 「滑動崩壊」の指摘も【SankeiBiz2019年1月2日】

 和歌山市北部の和泉山脈などで、大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の建設計画が相次いで浮上している。切り崩した山林や傾斜地などの盛土で造成するため、計画地周辺の住民からは豪雨に伴う土砂災害や景観悪化などを心配する声が上がる。対立も表面化する中、自治体は事業者に、詳細な計画内容の提出を事前に求める条例も施行するが、事業者と住民の双方が納得する形の調整は難しいのが実情だ。(西家尚彦)  平井…

続きを読む