台風で太陽光パネル損壊 白石の貯水池【佐賀新聞LiVE2019年9月30日】

台風の影響で損壊した太陽光パネル=杵島郡白石町新拓の有明貯水池  22日夜に佐賀県に最接近した台風17号の影響で、杵島郡白石町にある農業用水のため池「有明貯水池」の太陽光パネルが損壊していたことが分かった。被害は全体の3分の1程度に及び、設置業者が撤去作業に追われている。  町によると、パネルは太陽光発電事業で町と協定を結んだウエストエネルギーソリューション(広島市)が管理している。…

続きを読む

河津にメガソーラー計画 県改正条例、初の対象【静岡新聞アットエス2019年9月28日】

太陽光発電施設計画地  河津町逆川地区で、民間事業者による大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の設置が計画されていることが27日までに分かった。敷地面積80ヘクタールのうち、最大40ヘクタールに太陽光パネルを設置し、最大で26メガワットを発電する計画。太陽光発電施設の無秩序な開発を抑制するために県が施行規則を一部改正した環境影響評価条例で、3月の施行後初の環境影響評価(アセスメント)対象事例と…

続きを読む

内部積み立ても検討 太陽光設備の廃棄費用【建通新聞2019年9月25日】

 経済産業省は、太陽光発電設備の将来的な大量廃棄を見据えた制度設計で、事業者に廃棄費用の外部積み立てを求めることを基本としながら、適切な維持管理などの条件を設けて、例外的に内部積み立ても認めることを検討する。 https://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/190925590009.html http://archive.fo/KNTHr

続きを読む

経産省、大規模再生エネ促進 固定買い取り→市場価格上乗せ【産経ニュース2019年9月23日】

 経済産業省が、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の見直しに乗り出している。大規模な太陽光発電や風力発電などでは、現行のFITを取りやめ、電力の市場価格に一定額の補助金を上乗せする仕組みに変更する方向で、議論を進めている。再生エネを主力電源に育成すると同時に、家庭や企業の負担を減らす狙いだ。  FITは再生エネの一定期間の発電量全てを、電力会社が固定価格で買い取る仕組みで、…

続きを読む

反対意見を慎重に審議 メガソーラーで県見解【わかやま新報2019年9月21日】

和歌山県和歌山市北部の和泉山脈で計画されている複数の大規模太陽光発電施設(メガソーラー)に対し、地元自治会や住民から反対の決議や署名が相次いでいることについて、県は、専門家による県太陽光発電事業調査審議会で慎重に審議し、計画認定の可否を判断する姿勢を示した。 18日の県議会で、片桐章浩議員(改新クラブ)の一般質問に田中一寿環境生活部長が答えた。 片桐議員は、反対署名や決議を同審議会で…

続きを読む

横根高原メガソーラー計画、中止求め連絡会発足へ 立民・福田氏ら現地調査【下野新聞SOON2019年9月17日】

建設予定地周辺で調査をする福田氏(右から3人目)ら=16日午前、日光市足尾町  日光市と鹿沼市にまたがる前日光県立自然公園内の横根高原に建設が計画されている民間の大規模太陽光発電施設(メガソーラー)問題で、立憲民主党第2区総支部長の福田昭夫(ふくだあきお)衆院議員らが16日、建設予定地周辺を調査した。今後、超党派、市民団体による連絡会を立ち上げて国、県、市に中止を求める働き掛けをしていくこ…

続きを読む

太陽光の「卒FIT」/電気の使用を考える機会に【河北新報オンラインニュース2019年9月17日】

 一般の住宅で普及が進む太陽光発電。この余剰電力の買い取りは2009年11月に始まり、12年から「固定価格買い取り制度」(FIT)に移行する形で行われていたが、ことし11月以降、10年間の契約が順次終了する。  いわゆる「卒FIT」だ。太陽光設備の設置世帯では契約終了後、設備をどう活用していくか。それを考えるいい機会となるはずだ。  東北6県に新潟県を加えた東北電力管内では、2009年11月…

続きを読む

メガソーラー反対相次ぐ 四万十市の三里、佐田で説明会【高知新聞2019年9月16日】

 四万十市三里の四万十川沿岸で東京の事業者が計画している大規模太陽光発電所(メガソーラー)について、同市は13、14の両日、三里地区と下流の佐田地区で住民説明会を開いた。参加者からは景観や災害時の影響を懸念する声が相次いだという。  説明会は住民側の意向で報道機関には非公開。関係者によると、13日の佐田地区は19人、14日の三里地区は17人が参加した。... https://www.ko…

続きを読む