長野 霧ケ峰のメガソーラー計画の中止求める 署名5万人分を提出【中日新聞2018年11月30日】

5万人分を超える署名を持参し、計画中止を訴える柴田会長(中)=県庁で  諏訪市四賀の霧ケ峰高原近くで進む大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設計画で、茅野市の住民ら二十人余りが二十九日、県庁を訪れ、計画中止を求める要望書を提出した。反対署名五万百二十二人分を持参し、計画への懸念を訴えた。  計画に反対する住民らでつくる「米沢地区Looopソーラー対策協議会」によると、東京の太陽光発…

続きを読む

メガソーラー許可「違法」 伊東の住民グループ、市を提訴【静岡新聞アットエス2018年11月30日】

メガソーラー計画の事業許可を違法として行政訴訟を起こし、記者会見する原告ら=30日午前、静岡市葵区  伊東市八幡野の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画について、宅地造成等規制法に基づく市の事業許可は違法として、地元住民グループは30日、市に対して許可取り消しを求める行政訴訟を静岡地裁に起こした。  原告は計画地周辺の住民ら42人。訴状によると、建設計画に伴う土砂災害発生の懸念がある上…

続きを読む

太陽光発電施設の開発許可取り消し訴訟 住民側が敗訴 名古屋地裁【中京テレビNEWS2018年11月29日】

 愛知県東浦町の大規模太陽光発電施設「メガソーラー」をめぐって、地元住民が県に業者の開発許可を取り消すよう求めている裁判で名古屋地裁は29日、住民の訴えを退けました。  訴状によりますと、東浦町の「メガソーラー」では、半田市の業者が約3000枚のソーラーパネルを建設しています。  原告側の住民は「建設による森林伐採で洪水が起きた際、生命に被害が生ずる恐れがある」などと県を相手取り、業…

続きを読む

京セラ、太陽光事業で損失511億円 19年3月期 【日本経済新聞2018年11月28日】

京セラは28日、2019年3月期の連結営業利益(国際会計基準)が前期比9%増の990億円にとどまりそうだと発表した。従来予想を550億円下回る。太陽光発電事業で、材料メーカーと結んでいた長期購入契約を見直したことで損失511億円が発生する。 材料メーカーと結んでいた長期購入契約の見直しで損失が発生した(京セラの太陽光発電パネル) 画像の拡大 材料メーカーと結んでいた長期購入契約の見直…

続きを読む

美作市が太陽光発電に独自課税 市長方針「財政需要に対応」【山陽新聞デジタル2018年11月28日】

 美作市の萩原誠司市長は28日、太陽光発電所の設置事業者を対象に、市独自で課税する法定外目的税の創設を検討する方針を示した。導入時期、税収の使途は未定。拡大するさまざまな財政需要に充てる財源確保の試み ... http://www.sanyonews.jp/article/829996 メガソーラーのパネル面積に応じ法定外目的税 岡山県美作市が検討 【日本経済新聞2018年11月29日】 …

続きを読む

海外経済5団体、太陽光「未稼働案件」の改正案に懸念【日本経済新聞2018年11月28日】

欧米など6カ国を代表する在日商工会議所などの5団体は、太陽光発電の「長期未稼働案件」を対象として経済産業省が2018年10月15日に発表した制度改正案への懸念を表明する共同声明を11月21日に発表した。 この改正案は、買い取り価格40円、36円、32円/kWhの未稼働案件で運転開始期限の付いていないものを対象に、新たに運転開始期限を設定したり、「系統連系工事の着工申し込み」の受領時期によっ…

続きを読む

神戸市「太陽光パネル設置規制条例案」を提出 政令指定都市で「初」【FNN.jp2018年11月28日】

神戸市は28日、事業用の太陽光パネルを設置を届け出制にする条例案を議会に提出しました。 神戸市議会の本会議は午前10時から始まり、太陽光パネルの設置を規制する条例案が提出されました。 神戸市は今年7月の西日本豪雨の影響で線路わきに設置された太陽光パネルが崩落し、山陽新幹線が一時運転を見合わせたことを受けて、規制の検討を進めてきました。 条例案では、全ての電力を売ることができる出…

続きを読む

太陽光発電所で送電線250本盗難 160万円相当、滋賀【京都新聞2018年11月28日】

 滋賀県警甲賀署は28日、甲賀市甲賀町岩室の太陽光発電所で送電用の電線約250本(約160万円相当)が盗まれた、と発表した。窃盗事件として捜査している。  同署によると、同日午前9時半ごろ、現場を訪れた発電所に勤める管理会社の20代男性従業員が、長さ約3~150メートルの電線(直径約3・5ミリ~約1センチ)がなくなっているのを見つけた、という。  同署の説明では、同従業員が午前8時ご…

続きを読む