法人税脱税 太陽光コンサル会社1.4億円 社長逮捕【毎日新聞2018年3月2日】

太陽光発電の売電権を巡る脱税事件の構図  大規模太陽光発電所(メガソーラー)の売電権を転売して得た所得を隠して法人税など1億4384万円を脱税したとして、名古屋地検特捜部は27日、太陽光発電コンサルタント会社「アイビックサービス」(名古屋市中川区)の社長、石井雅樹容疑者(54)=東京都江戸川区=を法人税法違反容疑などで逮捕した。  特捜部は同日、名古屋国税局と合同で、東京都内の同社事務所…

続きを読む

太陽光事業者に積み立て報告義務 パネル廃棄費用【日本経済新聞2018年2月22日】

 日本で導入が拡大する太陽光パネルが大量廃棄されるのを見据え、経済産業省が対応に乗り出す。2018年度から発電事業者による廃棄費用の積み立ての報告を義務化し、進んでいなければ改善命令を出せるようにする。中長期的には第三者が外部で積み立てる制度の導入を検討する。費用を十分に確保していない事業者が多いことを踏まえ、将来の不法投棄や放置を防ぐ。  太陽光パネルの寿命は25~30年。太陽光発電は東…

続きを読む

メガソーラー計画 集会 鴨川市長は欠席 住民らが批判 /千葉【毎日新聞2018年2月18日】

 鴨川市田原地区の山林で、大規模太陽光発電施設の建設計画が進んでいる問題で、近隣地区の住民らによる「鴨川の山と川と海を守るつどい」が17日、同市横渚の鴨川市民会館会議室で開かれた。約150人が参加したが、事業者と亀田郁夫市長は欠席し、「説明しないのは理解できない」と批判の声が出た。  事業は太陽光発電装置メーカー「Aスタイル社」(本社・埼玉県川口市)が所有する同市田原地区の300ヘクタール…

続きを読む

メガソーラー計画を許可 伊東市長「審査延ばせず」【静岡新聞アットエス2018年2月17日】

 伊東市の小野達也市長は16日、市役所で記者会見し、同市八幡野地区で進む大規模太陽光発電所(メガソーラー)の設置計画について、市が管轄する宅地造成等規制法に基づく事業許可を認めたと明らかにした。許可は15日付。設置には県と市の法的許可が必要だが、残すは県の森林法の許可のみになった。  小野市長は「計画撤回へできる限りのことをやったが、市の力が及ばなかった。市民の思いが届かず悔しい」と語った。事…

続きを読む

太陽光施設の設置・運営、栃木県がガイドライン【下野新聞2018年2月16日】

 県環境森林部は15日、太陽光発電施設の企画立案から運用、撤去までの手続きを明確化した県版ガイドライン「県太陽光発電施設の設置・運営等に関する指導指針」を策定したと発表した。立地を避ける必要があるエリアなどを明示し、事業者に防災や環境保全、景観保全などの取り組みを促すことが狙い。4月1日から運用を開始する。  太陽光発電を巡っては、全国各地で設置に関するトラブルが多発している。トラブルの未…

続きを読む

大阪)箕面市が太陽光発電規制条例案 「景観を保全」【朝日新聞デジタル2018年2月15日】

 箕面市は、山なみや農地の景観を守るため、一定規模を超える太陽光発電設備の設置を規制する条例案を3月市議会に提案すると発表した。4月1日の施行をめざす。市によると、大津市や千葉県我孫子市、長野県佐久市などに同様の条例があるという。  条例案によると、市が定めている山すそ景観保全地区より北側すべてと、市街化調整区域、生産緑地では、出力10キロワット以上か面積100平方メートル以上の太陽光発電…

続きを読む

環境アセスでメガソーラー対象に 岡山市が県内初の独自条例制定へ【山陽新聞デジタル2018年2月14日】

岡山市役所  岡山市は14日、一定規模以上の開発行為を行う事業者に対して環境影響評価(環境アセスメント)を義務付ける独自の条例案を21日開会の2月定例市議会に提出すると発表した。再生可能エネルギーの普及を踏まえて、岡山県内の自治体で初めて大規模太陽光発電所(メガソーラー)を対象事業に盛り込む方針。2018年度に施行規則を定め、19年4月の施行を目指す。  市内のアセスの審査は従来、県条例…

続きを読む

環境アセスでメガソーラー対象に 岡山市が県内初の独自条例制定へ【山陽新聞デジタル2018年2月14日】

岡山市役所  岡山市は14日、一定規模以上の開発行為を行う事業者に対して環境影響評価(環境アセスメント)を義務付ける独自の条例案を21日開会の2月定例市議会に提出すると発表した。再生可能エネルギーの普及を踏まえて、岡山県内の自治体で初めて大規模太陽光発電所(メガソーラー)を対象事業に盛り込む方針。2018年度に施行規則を定め、19年4月の施行を目指す。  市内のアセスの審査は従来、県条例…

続きを読む