富岡復興ソーラー」29日着工 事業費の資金調達完了【福島民友ニュース2016年11月23日】

 富岡町民主導による大規模太陽光発電所(メガソーラー)「富岡復興ソーラー高津戸・清水前太陽光発電所」は29日、同町上手岡字高津戸・同町本岡字清水前で着工する。地鎮祭と事業説明が同日、現地で行われる。  町民らでつくる一般社団法人富岡復興ソーラーが事業の中心を担う。金融機関との融資契約を締結したほか、県内外の市民や企業などから出資を募り、総事業費約92億円の資金調達を完了した。  出力は3万2…

続きを読む

メガソーラー着工18年完成 名取・高校跡地【河北新報オンラインニュース2016年11月8日】

名取ソーラーウェイの完成予想図  東日本大震災で被災した宮城県名取市下増田の宮城農高跡地で7日、大規模太陽光発電所(メガソーラー)開発を手掛ける日本アジアグループ(東京)による「名取ソーラーウェイ」の起工式があった。同社や県、市などの関係者約60人が出席し、工事の安全を祈願した。  名取ソーラーウェイは立地面積30ヘクタール。計画出力は26メガワットで、一般家庭約7700世帯分の年間電力…

続きを読む

鹿沼・横根高原のメガソーラー計画、事業者が地元住民に概要説明【下野新聞SOON2016年11月5日】

 【鹿沼】前日光県立自然公園内の横根高原に大規模な太陽光発電施設(メガソーラー)建設を計画している事業者が3日夜、上粕尾地区の栃原細尾公民館で地元関係者に計画の概要を説明した。  事業者は外資系のカナディアン・ソーラー・プロジェクト(東京都新宿区)で、特定事業目的会社として「CS栃木鹿沼合同会社」を設立、事業名は「(仮称)CS栃木鹿沼太陽光発電所」。コンサルタントは群馬県のグリーン開発。 …

続きを読む

福島で「メガソーラー」稼働開始 年間発電量は670世帯分【福島民友ニュース2016年11月3日】

稼働が始まった太陽光発電施設  建設業などのホクショー(福島市、但木傑社長)が、福島市上鳥渡字立石山に建設を進めていた大規模太陽光発電施設(メガソーラー)が完成し、2日、稼働が始まった。発電した電気は全て東北電力に売電する。  施設は「信夫山水梨太陽光発電所MS―2」。約4ヘクタールの敷地に、9460枚の太陽光パネルを敷き詰めた。出力は約2.4メガワットで、年間発電量は一般家庭約670世帯分…

続きを読む

白神CCにメガソーラー建設へ ジャパン社が計画【秋田魁新報2016年11月5日】

 再生可能エネルギー発電事業のジャパン・リニューアブル・エナジー(東京、竹内一弘社長)が、先月末で閉鎖した三種町外岡の白神カントリークラブ(CC、高橋金正社長)の敷地に大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設を計画していることが4日、分かった。  出力は1万7千キロワットで、太陽光発電所として県内最大規模になる見込み。今月下旬に着工し、来年12月の運転開始を予定している。 (全文 618…

続きを読む