「世界でも先進的な事業計画の認定制度」、経産省・松山課長が講演【日経テクノロジーオンライン2016年6月30日】

経済産業省 資源エネルギー庁 新エネルギー課の松山泰浩課長 (撮影:日経BP) [画像のクリックで拡大表示]  経済産業省 資源エネルギー庁 新エネルギー課の松山泰浩課長は6月29日、太陽光発電関連の展示会・講演会によるイベント「PVJapan 2016」(6月29日~7月1日、パシフィコ横浜で開催)において、「FIT制度改正と太陽光発電の更なる導入拡大について ~長期安定的な太陽光発電事…

続きを読む

浜松新電力、太陽光とごみ発電で「エネルギー地産地消100%」達成【日経テクノロジーオンライン2016年6月30日】

6月29日の需給実績。地産エネルギー比率100%を達成 (出所:浜松新電力) 浜松新電力が電力を調達する市内のメガソーラー (出所:浜松市)  浜松市などが出資して設立した新電力、浜松新電力(浜松市)の北村武之取締役は6月30日~7月1日に横浜市で開催の太陽光関連展示会「PV Japan 2016」で講演し、「地産エネルギー比率100%をほぼ達成した」と公表した。  浜松新…

続きを読む

温室ガス22%減目指す…県・温暖化対策計画案【読売新聞2016年6月30日】(千葉県)

 県は29日、2030年度までに温室効果ガス排出量を13年度比で21・9%削減する目標を盛り込んだ「県地球温暖化対策実行計画案」を決定した。削減余地の大きい家庭の二酸化炭素(CO2)排出量は36・5%削減と設定した。県民から意見を募集し、9月に正式決定する。  国連気候変動枠組み条約の第21回締約国会議(COP21)で採択された昨年12月のパリ協定に基づき、政府が今年5月、温室効果ガス排出…

続きを読む

筑波山と宝篋山で発電所設置を禁止 つくば市議会、条例案を可決【茨城新聞2016年6月30日】

つくば市議会は定例会最終日の29日、同市内の筑波山と宝篋(ほうきょう)山で太陽光と風力発電所の設置を禁じる条例案を全会一致で可決した。条例は即日施行される。 条例によると、設置を禁じるのは、自然公園法の特別地域、土砂災害警戒区域、両地域と接する区域。区域内で無断で施工した事業者に市は、報告や資料の提出を求める。事業の停止や是正を勧告するほか、従わない場合、業者名などを公表する。 筑波…

続きを読む

非火力発電、25年に50%=北米3カ国首脳が宣言【時事ドットコム2016年6月30日】

 【ワシントン時事】米国とカナダ、メキシコは29日、2025年までに3カ国全体の「火力発電以外」の発電シェアを50%に高めると発表した。オバマ大統領とトルドー・カナダ首相、ペニャニエト・メキシコ大統領がカナダ・オタワで開いた北米首脳会議で、環境分野の共同宣言として打ち出した。  3カ国は、国際的な地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」に従い、温室効果ガス削減に取り組むと表明。大量に温室ガスを排出す…

続きを読む

太陽光発電施設 海上の森周辺に緑地 瀬戸市に是正案 /愛知【毎日新聞2016年6月30日】

 瀬戸市の「海上(かいしょ)の森」近くの民有林に太陽光発電施設が無許可で建設された問題で、建設した名古屋市守山区のフジ建設は29日、開発区域の周囲に緑地帯を設置するほか、売電金の一部を環境団体などに寄付するなどの是正策を同市に回答した。同市が明らかにした。  社長が同市を訪れ提出した回答によると、開発区域約2・3ヘクタールの周囲に幅8メートルの緑地帯を設けるほか、区域内にあった里道(通称赤…

続きを読む

再生エネ技術を紹介 横浜で世界展 県内6社出展【福島民報2016年6月30日】

 第11回再生可能エネルギー世界展示会は29日、横浜市のパシフィコ横浜で始まった。県内からは6社が出展し、風力や太陽光を使った発電技術や機器を紹介している。7月1日まで。  県、産業技術総合研究所(産総研)、郡山市が合同でブースを設けている。福島民報社の「第一回ふくしま経済・産業・ものづくり賞」(ふくしま産業賞)特別賞を受けた会川鉄工(いわき市)をはじめ、環境システムヤマノ(須賀川市)、北芝電…

続きを読む

富岡町の30MWのメガソーラー、福島県内3金融機関が76億円融資【日経テクノロジーオンライン2016年6月29日】

福島発電が運営している「大熊町ふるさと再興メガソーラー発電所」 (出所:日経BP)  東邦銀行は6月24日、福島県富岡町に建設する出力約30MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)事業向けプロジェクトファイナンスに対し、協調融資(シンジケートローン)を組成し、総額76億2600万円を融資すると発表した。6月24日に第1回目の融資を実行した。  同プロジェクトは、JR東日本エネルギー…

続きを読む