メガソーラー着工 南相馬で起工式住商出資の事業会社【福島民報2016年5月21日】

 南相馬市に建設が計画されていた大規模太陽光発電所(メガソーラー)群のうち、「南相馬真野右田海老太陽光発電所」の起工式は20日、南相馬市鹿島区南右田の現地で行われた。同日までに住友商事グループが100%出資する事業会社「ソーラーパワー南相馬・鹿島」が事業主体となることが決まった。当初、市と整備に向けた協定を結んだ東芝や大成建設が建設を担う。  出力は約5万9900キロワットで、一般家庭の年…

続きを読む

住民主導でメガソーラー、福島・富岡町 売電収入で地域再建【日本経済新聞2016年5月20日】

 東京電力福島第1原子力発電所事故で避難指示が出ている福島県富岡町に、住民主導の大規模太陽光発電所(メガソーラー)が誕生する。発電能力は一般家庭1万世帯分の電気を賄える約3万キロワットで、2018年3月の稼働をめざす。95億円の建設費のうち約15億円は一般市民の出資を募る計画だ。電力会社などに全量売電して収入は地域の再建に活用する。  メガソーラー構想の中心となる住民らが設立した一般社団法…

続きを読む

県内最大のメガソーラー オリックス、津に誕生【伊勢新聞2016年5月18日】

【テープカットする錦織取締役(中央)ら=津市白山町三ヶ野で】 【津】リース大手のオリックス(本社・東京都港区、井上亮社長)は十七日、津市白山町三ケ野のトーシンレイクウッドゴルフクラブ跡地に県内最大のメガソーラー発電所を誕生させた。初年度は、年間で一万六千世帯分の消費電力を賄うことができる。  同社は、平成二十六年六月から、広さ約百十三万五千平方メートルのゴルフ場跡地に、県内で三番目と…

続きを読む

詐欺容疑 愛知・常滑市議ら逮捕 測量名目で550万円【毎日新聞2016年6月4日】

 愛知県常滑市の太陽光発電施設整備を巡る汚職事件に絡み、県警捜査2課は17日、土地所有者から測量費名目で約550万円をだまし取ったとして、元市議、岸田嘉成被告(63)=収賄罪で起訴=と市議、斎田大五朗容疑者(40)を詐欺容疑で逮捕した。岸田容疑者は「金を2人で分けた」と容疑を認め、斎田容疑者は否認しているという。  逮捕容疑は、2014年7〜9月ごろ、発電施設の整備予定地を所有する同市の無…

続きを読む

奥州市長が監督責任認める メガソーラー建設問題【岩手日報2016年5月12日】

 奥州市の小沢昌記市長は11日の定例記者会見で、前沢区の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設をめぐる問題について「最終責任者としての管理監督が十分でなかった。今後、しっかりとした体制を整えなければならない」と一定の責任を認め、再発防止に取り組む考えを示した。  同問題について市議会百条委員会は6日、小沢市長と幹部職員ら計4人を証人喚問。当初は事業者側で処分するはずだった建設予定地の土砂を…

続きを読む

作物と発電 太陽光分け合う【読売新聞2016年5月9日】

ソーラーシェアリング 収穫量そのまま、売電も 太陽光パネルが設置された今井さんの落花生畑。パネルの向きは手動で変えられる(3月29日、千葉県八千代市で)  農地に太陽光パネルを設置し、発電と作物の栽培を同時に行う「ソーラーシェアリング」が注目されている。植物の光合成に必要な日光を確保しながら、余分な日光で発電する。売電収入も見込めるため、取り組む農家が増えている。  春の日差し…

続きを読む