営農型メガソーラー建設へ 世界最大、長崎の離島【デーリー東北2014年6月12日】

 ドイツ企業、フォトボルト・デベロップメント・パートナーズ(PVDP)は12日、長崎県佐世保市の離島、宇久島に最大出力43万キロワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。農地に建設し、営農と発電を両立させる仕組みで、同社と提携する京セラは「営農型メガソーラーでは世界最大」としている。  PVDPや京セラによると、総事業費は約1500億円を見込み、2015年度中に着工、…

続きを読む