明日に向かって② 新事業に活路 まち発展の起爆剤に【岩手日報2014年2月26日】

 二酸化炭素を排出しない電気バスを利用し、駅前から共同利用の電気自動車で買い物に出掛ける。熱と電気を同時につくる最新設備を備えた植物工場では大勢の市民が働き、農産物は特産品として販売。災害が発生しても、メガソーラーで発電できる-。  実現すれば、夢のようなまちができあがる宮古市のスマートコミュニティ構想。電力の地産地消や、再生可能エネルギーを活用した新たなビジネスモデルを展開する計画だ。 …

続きを読む