県内相次ぐ再生エネ立地計画 固定価格買い取り導入【岩手日報2012年7月1日】

 固定価格買い取り制度の導入をにらみ、県内では大規模太陽光発電所(メガソーラー)など再生可能エネルギーの立地計画が各地で持ち上がっている。  洋野町種市では、東京都の東光電気工事が地元企業と協力し、最大出力1万キロワットのメガソーラー建設を計画。2013年末の運転開始を目指す。年間発電量は約3千世帯分に相当する見込みだ。  一関市東山町でも東京都のリニューアブル・ジャパンが最大出力1…

続きを読む