環境未来都市構想が始動 具体化へ年度内着手【岩手日報2012年1月5日】

 釜石市と大船渡・陸前高田・住田の2市1町の気仙広域が政府から指定された環境未来都市構想は2012年から、具体化に向けた動きが始まる。釜石は多様なエネルギーの利用拡大と産業創出が柱。気仙は広域連携で環境や高齢化に対応したまちづくりを目指す。国の関連予算の集中投入や規制緩和で、関係者は被災地復興につながると期待。年度内に具体的な計画づくりに入る予定だ。  震災前から再生可能エネルギーの導入を…

続きを読む