メガソーラー候補50カ所 県選定、13年度事業化も【岩手日報2011年11月11日】

 大規模太陽光発電施設(メガソーラー)導入に向け県は10日、県内候補地として25市町村の50カ所をリストアップした。内陸に加え久慈、宮古、陸前高田の各市など沿岸被災地からも選定。リストは公開し事業者とのマッチングを図る。今後3年をめどに重点的に導入を促す考えで、早ければ2013年度の事業化も期待される。  県環境生活企画室によると、候補地は1カ所当たり2~459ヘクタールで、全体では946…

続きを読む