メガソーラー事業化へ 県、用地調査進める【岩手日報2011年10月4日】

 再生可能エネルギーの利活用に向け、県は大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の用地調査を進めている。早ければ今月中に適地をリスト化し、11月から発電プラントメーカーなどに示して事業化を目指す。東日本大震災を機に同エネルギーへの関心は高まっており、県にはメガソーラー適地の問い合わせが増えていた。県は一般的な太陽光発電施設などを病院や避難所などの防災関連施設に導入するための基金も設ける方針で、再生エ…

続きを読む