県が再生エネ目標値 風力8倍、太陽光4倍【岩手日報2011年11月2日】

 県は2020年度までに風力発電は発電能力比で10年度の8・5倍、太陽光は同4倍にする再生可能エネルギー導入目標を固めた。全体では同約2・5倍に増やすことで、県内消費電力量に占める発電量が20年度は35%になる見通し。二酸化炭素(CO2)など温室効果ガス排出量についても1990年比で30%削減することを目指す。本県は国内有数の同エネルギー総量を有しており、東日本大震災と福島第1原発事故を踏まえ、…

続きを読む