安全確保し街再生 「防潮堤」で見直しも【岩手日報2011年9月26日】

 海岸線から北側約2キロに平たん地が広がる、陸前高田市。震災前はここに市役所やJR陸前高田駅、商店街、住居が混在する市街地があった。新しい街のデザインは文字通り白紙からのスタートだ。  被災世帯は、市役所があった同市高田町だけで2千超。市は浸水域外に全被災世帯が移住するのは事実上不可能としている。  そのため復興計画の素案では、市街地を浸水域に再生。今回の津波の高さ13・8メートルを…

続きを読む