太陽光発電所を誘致 陸前高田市が復興計画素案【岩手日報2011年8月30日】

 陸前高田市の震災復興計画検討委(委員長・中井検裕(のりひろ)東京工業大教授)は29日、市役所仮庁舎で2回目の会合を開き、市が地区ごとの大まかな整備方針を盛り込んだ素案を示した。整備目標として大規模太陽光発電所(メガソーラー)の誘致を掲げた。11月をめどに同計画の策定を目指す。  同発電所の誘致を図るのは、同市を流れる気仙川河口の東岸付近。再生可能エネルギー関連企業の集積を図る。浜田川周辺…

続きを読む

栃木県、メガソーラーの候補地を募集 事業者誘致へ【下野新聞SOON2011年8月8日】

 栃木県はメガソーラー(大規模太陽光発電所)の候補地となる市町有地や民有地の募集を始めた。候補として適切な土地を一覧にして公表し、太陽光発電事業への進出を計画している事業者を誘致する。県は「とちぎ環境立県戦略」に太陽光発電の普及を目指す「とちぎサンシャインプロジェクト」を盛り込んでおり、今回の取り組みはプロジェクトの一環。  募集するのは、1000キロワット以上の発電能力を期待できる太陽光発電…

続きを読む